取引をしないと儲からないけど期間限定で少しだけ特典がついています。

特典を付けて頂けた企業さんを公開しておきます。

FXをするには口座開設が必要です。
その口座開設時に特典を貰えたらどうでしょうか?
簡単な事で特典を貰えますので各自考えてご参加下さい。
私に言われても返事はしませんので各自リンクを確認して下さい。

 

アマゾンギフト券が4,000円分貰えるDMM FXの特設サイトをご紹介致します。申込日が適用されますのでご興味があればどうぞ

 

ここのページにはお得な情報を書き込んでいきたいと思います。
あまり多くは公開できませんが、無いよりはいいかな?
と思いましたので作ってみました。またこのサイトの特典なので他のサイトから申し込まれた場合は特典が付きませんのでご理解ください。
※ご紹介の数が減り申し訳ありません

FXキャンペーン狙いの取引はリスクとリターン

FX企業の数は一時期に比べると激減しました。
FX(外国為替証拠金取引)の規制もありましたが、現在はそれなりのサービスを必要としているため、顧客が取引をしなければ利益になりません。
企業側はスプレッドが利益になるため取引してもらわない事には死活問題になります。

 

だから既存顧客にもよくキャンペーンが行われています。取引高キャッシュバックなどを行う企業も多いのですが、それでも企業側の利益に結び付くので行われています。取引量が多い方はキャッシュバックも数十万円になるため馬鹿にできません。
ツールの使い勝手や約定能力もあるので何処が良いとは言いにくいですが、キャンペーンのノルマ達成をしたいのか?
取引により利益を得たいのか?はっきりさせてから参加しましょう。

 

100万通貨〜500万通貨程度で数万円貰えるのであれば損益ゼロでも狙えます。あとは約定能力がポイントです。いまだにロットが高いと約定しない企業も存在していますが、だんだんと減っていて顧客サービス向上に結び付いている気がします。

 

100万通貨単位でスキャルピングをされる方で、スプレッドを広げてくる企業は使わない方がよいです。ログインしただけで監視している企業もありますよ〜
大多数の方は関係がありませんが、世の中には個人でも凄い方がいます。

FX企業のキャンペーンは縮小傾向にあるそうです

FX企業のキャンペーンに限らず、証券会社もキャンペーン縮小傾向にあるようです。取引高キャンペーンなどはまだ良いみたいですが、口座開設時のキャンペーンがあまりよくないようです。

 

金融庁のレバレッジ問題もありFX企業は体力がないと存続に影響があるのかもしれません。他社システムを導入しているところはコストが掛かると思うためサービス変更が今後あるでしょう。

 

その他にも、キャンペーンだけで取引を促すような記載の仕方も問題があるようです。金融庁からの是正だと思いますが、取引をさせるような極端なキャンペーン自体がNGだと聞きました。よって、以前よりもキャンペーン内容がどんどん薄くなっていると感じます。

 

過去に行き過ぎたキャンペーンが多数行われていたためですが、最近はFXよりも仮想通貨に新規顧客が流れているように感じます。どの投資が自分に合っているのかを見極めるためにも沢山の投資に触れてみることは良いことだと思います。企業側も必死なのかもしれませんが、仮想通貨市場もコインチェック問題でだいぶ冷めた感があり取引も低迷しているようです。

FXレバレッジが25倍から10倍になる日が来るのか?

FXレバレッジ問題が再燃しています。FXはレバレッジが高いことで個人投資家を中心に人気となっている投資商品だと考えています。そのレバレッジが上限25倍から10倍へ引き下げられることが検討されています。株だと信用取引を使って通常は3倍までとなっています。小額から楽しめるためFXは個人を中心に人気だと思いますが、流石に10倍はやりすぎではないかと思います。

 

レバレッジ10倍だと証拠金が沢山必要になり、FXを投資対象として選ばない方も出てきそうです。また、証拠金ギリギリで取引をしている方はすぐにロスカットになる恐れがでてきます。

 

個人投資家の多くはレバレッジ10倍程度で取引をしている方が多いといったデータを見たことがありますが、証拠金に対してのロスカットなども変更になると思うため、好感はできません。
20倍程度はないと少ない資金を増やそうと思う方もいなくなり悪循環だと思います。

 

逆に証拠金が多くなるということはロスカットまで猶予が出来てしまい、取り返せないような損失を出す恐れもあると思います。
金融庁の答えを待つしかないと思いますがちょっと残念なお話です。

 

※2018年5月末に金融庁がレバレッジ規制を見送ると発表が行われました。これでしばらくは安心して取引ができそうです!


inserted by FC2 system