チャートがあなたのスキャルを変えます。

スキャルピングの裏技系

スキャルピングの裏技と言っても、ここに全てを公表するわけには行きません。しかし、このサイトに求められる事は解っています。

 

昔々、タイムバーやタイムクオートなどがありました。
これを利用した取引で億万長者になった方がいっぱいいます。

 

主婦や学生で脱税などと騒がれた原因ではないのかな?
と個人的に思います。
私もなぜ、そんなに利益が上がるのか不思議でしたが、現在は理解できます。

 

スキャルピングにおいて、先行チャートが一つのポイントになります。
次の問題は、指標発表時に約定する企業です。
指標発表時に、約定してしまえば利益の源ですが、ここに秘密があります。

 

では、なにが秘密かといいますと・・・・。

 

@スプレッド
A約定値

 

だと思います。
よく記事を見ていただくと、なんとなく解ると思います。

FX口座が一方的に凍結させられる 事実上の廃止

FXをするにはFX企業に口座を持たなければ取引が出来ません。
出来ない事もないのですが、普通の方は取引口座が必要になります。

 

その取引口座が使えなくなる事があります。
例えば1ヶ月に500万円〜1000万円程度の利益を上げた場合は口座凍結の危機にあるかもしれません。
派手に儲かる方はログインした時点で監視され、酷い時にはスプレッドをものすごく広げられる場合があります。

 

指標発表があるわけでもなく取引口座にログインしただけです。
ポジションを持った後に広げられる事もあります。
普通では考えられませんが、世の中には恐ろしい程のスキルを持っている方やシステムを使う方がいます。

 

FX企業側がカバー取引をすべて行えばよいのですが、企業と顧客の直接的な取引だったりすると企業は損失をしてしまう訳です。
ブローカー損失をするという事は直接業績に響いてしまうために、なるべく企業側も避けたいので、そのような顧客は必要ないと判断します。
それが口座凍結です。

 

こんな話は無いと思う方もいますが、本当にある話なので皆さんがあまりにも稼ぐ場合は知っておいてください。

FX企業側の対策 裏技使用で口座解約者でる?

FX企業側も個別の監視が可能です。
損失を出している方への監視はさほどありませんが、大きく利益が出ている場合は監視対象になります。

 

店頭FXの場合は、その企業が提示するレートで取引をする特徴があり注文はインターバンクへカバーする仕組みです。
店頭FXや取引所FXなどと区別されるあれです。

 

その店頭FXからの対策になりますが、システムを利用した取引やソフトウエアー取引などを監視している場合があります。
経済指標などレート変動が激しく動く時は歪が生まれやすくそこを狙った取引を指摘していると思います。
システムを利用していて利益が出ている場合は口座解約(凍結)になりやすく無理ですが、人力で取引をしているにも関わらず利益が出ていると同様の事が起こりえます。

 

これは企業側が損をしているので、もう「取引させない」という事です。
数百万程度であれば無いでしょうが、一千万円を超えると・・・
詳しくは書けませんが、ある事に気が付く人がいます。
企業側からこのようなメール等が届いた方は注意が必要です。


inserted by FC2 system