FXとメンタルの関係

FX取引にはメンタルが重要な役割を果たします。信じる力

FX取引を続けていると必ずと言っていいほど壁にぶち当たります。
初心者だけではなく専業の方も壁は必ず訪れます。
壁の高さに違いはありますが、結局はメンタル(メンタルヘルス)
という精神面における強さがポイントになります。

 

メンタルヘルスとは精神面の健康状態を表しますが、取引においてかなり重要なポイントになります。

 

 

@勝ち続け資金的な余裕がある場合には気楽な損切りが出来る
A負け続けていると損切りする勇気が必要
B損切りが出来ないほど損失を出している

 

 

この様な事でメンタルの違いがわかると思いますが、勝っている時は躊躇なく利益の確定ができると思います。
これもメンタル面においての差ではないでしょうか?
私も経験がありますが、損失が膨らみ過ぎると精神が不安定になり投げやりな取引をしてしまいますが、負けたら負けを認め一度相場から離れる事をお勧めします。冷静さを取り戻せばきっと勝てるはずです。

 

なかなかFXで利益を出せない方は、インヴァスト証券のシストレ24などを使われてみるのも一つの手かもしれません。
また注文方法を見直して、IFDやOCOなどを使うと勝てるかもしれません。
IFOを覚えると比較的楽なので取り組んでみるのも一つの手です。
※IFDとOCOを組み合わせたセット型注文がIFOです

FX投資が自分に合わないと思ったら止める

FX投資でどうしても勝てない人は出てきます。
それは当たり前の事です、ゼロサムゲームに参加する初心者が負けるのは当然のことです。

 

誰かのお金を誰かが奪い合っている戦場なので、スキルや考え方が違う方向であれば負けて当然です。

 

例えば100万円負けたとします。
その100万円を取り返すための勉強があなたに出来ないのであればFX投資を止めて別の投資をしましょう。
あなたにはFX(外国為替証拠金取引)が合わないのかもしれません。

 

投資の種類は沢山あります。
FX投資だけを行うよりも、もっと自分に合った投資商品があるかもしれません。リスクに応じリターンも決まってきますが、国債や債券などはリスクが少ない商品です。
また投資信託も内容次第ですがリスクが低い商品もあります。
先物で成功するかもしれませんし、不動産投資かもしれません。

 

ただ、FX投資は他の投資商品と比べ、資金回転の面でレバレッジ効果や自己資金以上の取引ができ資金が乏しければ良い投資対象になります。
負けた場合は、悔しさを乗り越えるようなメンタルが必要になりますが、乗り越えることができないのであれば止めることも正しい判断だと思います。

FX取引の有効証拠金は常に高く維持したい

FX取引において有効証拠金の維持率は常に高く維持しましょう。
博打的な感覚で投資をされる方に多く見られますが、有効証拠金ギリギリで取引をしている方がいます。

 

流石にそれは自分からお金を捨てているようなものです。
少しのレート変化にも対応できないような投資は止めてください、そのような考えの方は今すぐ投資を止めるべきだと思います。
投資は無闇に取引を行っても必ず負けます。
市場を支配しているのは巨額な資金を有する企業に他ならないからです。

 

例えば市場が閑散としているタイミングに大きな買い物をされた場合に対応する事もできません。トレンドが発生していても、ある一定の幅の中で上下を繰り返しトレンドは出来ていきます。

 

トレンドの確認方法は色々とあり通貨によっても異なります。さらに参入企業は自社開発や一定のツールを使い取引をしている場合も多いので個人が同じフィールドで勝てる訳がありません。
ただアービトラージにこだわっている方はその限りではありませんが、出来るだけ証拠金は高めにし、不可の掛からない取引を心がけてください。

 

⇒ 投資には常に「勝ち組」と「負け組」みが存在します


inserted by FC2 system