ビットコインもアービトラージが出来るのか?

ビットコイン取引の優位性、BTCFXとは?

ビットコイン取引は日常的に取引させる通貨として注目されています。
実際に買い物ができたり、金融決済サービスの導入も行われており、仮想通貨の域を超えていると考えられます。

 

ビットコインの取引スタイルとして、「BTC 現物」と「BTC FX」の2種類が存在し、
既に世界的に取引が行われているため、さらなる拡大余地があると思われます。
そこで早速口座を開設し、取引をしたいと考えますが怪しい企業が沢山存在して
いる事も事実としてあります。
企業が怪しいというよりもシステムに不備があるのでは無いかと言われており、
システムへの信頼性が問題化しているように思います。

 

日本の金融フィンテックは世界の中では遅れているため、今からが勝負だと
考えています。生活の一部となった時にはもうその市場は儲かる市場とは言えない
でしょう。

ビットコイン取引ルールと取引通貨、レバレッジがある

ビットコインの通貨単位はBTCになります。
国(政府)や企業などの中央管理機関を介する事なく取引が出来る通貨です。
送金コストや決済手数料などに大きくメリットがあり、国境を越えて取引をす
る事に特にメリットが多いと言われます。

 

次世代金融システム革命と言われているため、さらなる期待を秘めている訳で
すが、FX取引が当たり前になる以前は、歪を発見した方達がいます。
ビットコインにも似たような歪があるのでは?

 

 

ビットコイン取引,ビットコインアービトラージ

 

 

ビットコイン取引,ビットコインアービトラージ

 

 

ビットコインの歴史が浅いため一般的に資産とは言い難いようですが、当たり
前になってしまえば旨味は無いと考えているため、出来れば早く投資を行って
おきたいと考えています。

 

取引スタイルは、FXと殆ど同じなので迷う事は無いでしょう。
既に一部の国内店舗ではビットコインによる飲食や買い物ができるサービスが
始まっています。
メガバンクやFX企業により水面下で参入予定が相次いでいるという情報もあります。

 

ビットコインなどの仮想通貨は日本の法律でも、改定資金決済法が可決され
ドルや円と交換できる事が決まっています。
事実上の通貨として認められたと言わざるを得ないでしょう。
仮想通貨自体はビットコインの他にもたくさんありますが、4分の3以上が
ビットコインが占めている事を考えると今後もシェアを伸ばしそうです。

 

⇒ bitFlyer(日本最大手企業)

inserted by FC2 system