チャートがあなたのスキャルを変えます。

チャートで利益が出る根拠

チャートで利益がなぜ生まれるのか?

 

実は非常にスキャルでは重要です。
なぜならば、スキャルにおいてチャートを見れば上に行くのか下に行くのか解ります。では、チャートが最速(先行チャート)ならば取引している企業はどうでしょうか?

 

よく見てください。
最速チャートとトレード用のレートを・・・・。
ここに隙間が生まれます。
これを利用します。

 

最速チャート ⇒ マネーパートナーズ

タイミングが合うときがある

実は、最速チャートが動いていても取引先のレートが止まる時がまれにあります。このタイミングに出合えると、利益が生まれる可能性があります。

 

上昇時、下落時に発生したらどうですか?
しかも、スプレッドが狭い業者で・・・・。
私は何度か経験があります。これは1社ではありません。
また、FX企業はインターバンク直結の企業・独自のシステムを通している企業などあります。これ以外にも、レートが止まる事もあります。

 

システムを利用するだけではなくその他にも考えられることは多々あります。
例えば、今ではできませんが2重ログインなどが出来た企業では○○を○○すれば
リスクがありません。
※上記はたとえ話で既に使えません

チャートにこだわったからこそ追及できた現実

チャートと言っても様々なチャートが存在します。
先行チャートや遅延チャートなど、システム配信をする処理能力などで優劣が決まるように思います。最近では海外企業を使った手法もあり、常に先行されている方には頭が下がります。

 

海外のサービスは信託保全ではない企業もあり少し危ないですが、都度出金する事が出来ればリスクは下がります。
日本支店などが無い場合は為替が絡むこともありますので一概に良いとも言えません。

 

インターバンク直結チャートも多くなりましたが、システムを借り入れて配信している企業も多々あります。また倒産してしまった企業もあり、現在生き残っている企業はまともな企業が殆どです。
過去には入金していた企業が倒産しまった事もあります(信託保全義務なし)
海外企業ではレバレッジ300倍〜500倍なども存在しており、メリット・デメリットを考えて使いましょう。あまりにも利益が出る場合には法人にされて税務署上がりの税理士さん等にお願いしましょう。

 

 

 

■余談ですが、FX投資の情報商材がたくさん出ています

 

商材が1つ数万円で売られていますので、その商材が100個売れれば数百万円になります。数百万円の商材利益がすべて利益になるわけではありません。
と考えると商材を作って利益を出すのも大変な訳です、だからどんどん似たような商材が出てきます。お気づきでしょうか?
使う方により商材の内容を理解できる方と出来ない方、使い方を間違っている方様々です。何度も商材を買われている方は罠にはまっている可能性があります。

 

情報商材購入後でも負け続けるのは使い方が悪いからですか?
誰のせいですか?

 

例外も中にはありますが、情報商材の○割は信用にならないと言われています。
負ける人は何をやっても結局負けるので、投資をされない方がよいと思います。
勝てる方と負ける方の境目はほんの小さな事なんですが、なかなかそれに気が付く事は出来ません。

 

inserted by FC2 system